読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YAYOI-info-

新しい物を探していく

高校生からの情報思考について

私は普通科の【自称進学校】レベルの高校へ通っている。

北海道の旭川という土地。まあそこまで言うと数校に絞られるのだが、この旭川は都会とは程遠いが、ど田舎ではない。なんとも中途半端なところ。

知り合いやツイッターの学校でのアカウントなどで、周囲の情報を得ることは多いのだが、スマホレベルの操作でさえまともにできない人は多い。

つい最近は二年間iPhoneを使用してきたにも関わらずWi-Fiという概念さえ理解してない人が1人やそこらではないことを知った。

最初は笑いながら話していたがどうも真剣らしい。

「この前この電波っぽいボタン押したらWi-Fiっていって、通信制限にならなくなるんだってー」

ここまでで十分驚きだが、「え!?マジ?なにそれ教えて!」って言ってきたやつまでいたから恐ろしい。

 

ところで、Wi-Fiという概念は知らなくても何も問題はないじゃないか。教えられる機会がなかったり、家にルーターがない人などは知らなくて当然ではないのか。という質問がありそうなので答えておきたい。

知らないのは問題だと思っているがそれ以上に、二年間自分が毎日手にしてきた機械のことを何も知らないのが問題なのだ。

なぜ知ろうとしないのか。興味がない?知識がない?機械音痴?

ここまで、高校生にも関わらず好奇心がないのはものすごく重大な問題だ。

自分の個人情報などセキュリティ的な問題も含め、Wi-Fiレベルの知識すらない、全く対処ができない人間にスマートフォンやPCを使わせるのは危険ではないか。

もしそのような人が友人がやっているからという理由でTwitterを使用しだしたとしよう。名前欄には戸惑いもなく実名を記すかもしれない。プロフィール写真も自画像。学校名やクラスまで?通常なら無視するような怪しいDM送信者と連絡を取り始めるかもしれない。IDに電話番号を使い始めるやつも見たことがある。

怖いのはこれらをなんの危機意識もなくやるところだ。

調べたりする程度もできないのだからネットリテラシーなんて通用しない。

 

それにしても自分を機械音痴だと決めつける人間が多いように思う。

文字さえ読めて、ブラウザを開いてわからないところを入力できれば小学生ですら問題を解決したり、知識を得られるだろう。

 

これは私自身の高校での話から範囲を広げたものだが、多かれ少なかれあなた達の周りに似たような奴らは存在すると思う。友人だから教えることもできるが、知識が皆無のため悪意を持ったやつの話を鵜呑みにしてしまうかもしれない。そのために、最低限の知識程度は身につけることは絶対に必要だと思うし、それができないやつにはスマートフォン。いや、ガラケーすら持っていてほしくはないと考えている。