YAYOI-info-

新しい物を探していく

親と子供のスマホとの向き合い方vol.2

〈続き〉

 

ya0.hateblo.jp

 

結局僕はipod touchではなくウォークマンを買った。理由は店頭展示品で安かったため。今思うとipodにしておけばよかったと思うのだが、問題はそこではない。

親に秘密で大きい買い物をしたことだろう。本来中学二年生で小遣いも月2000円。お年玉も持ってかれる。本来絶対に買えない代物だ。

 

もし買っても親に言うのが最善だろう。だが言わなかった。言ったほうがいい、いや、言わなければならないのはわかっていた。管理と制限をされたくなかったから。

クラクラ内で会った人からはポケットWi−Fi を借りた。

家に広い寝室があって、そこで布団を引いて家族で寝る。僕は布団に潜り込んでゲームとLINE。毎日4時に寝ることは普通になった。学校では爆睡。当然勉強する時間も割いてウォークマン

流行から、パズドラも始めた。この頃にはほぼネットの友達と会話をしていた。ゲームの雑談グループから、LINE民と呼ばれるネット民とも交流をした。

その頃からのネット友達は数人まだ今のLINEアカウントにもいるし、話もする。

学校ではインキャだったり、いじめられていたわけでもない。でも自分をさらけ出せるネットにもズブズブハマった。

典型的で総合的なネット中毒。ゲーム内チャットにハマったんだから当然のようにSNSにハマった。いわゆるネット恋愛も経験した。会ってはいないが。

とまあ、恥ずかしい限りではあるが無制限に中高生にネット環境を与えるとこのようなことが起こる。与えてなくても起こった。

防止策はいくらでも思いつく。子供に家の通信機器を触らせないだとか、はじめから教育するだとか。

でもすべての親に間違ってほしくないのは、禁止することは良くない。そう、スマホやPCに関してしっかりと家でルールを決めた上で与えるのだ。

与えず勝手に好き勝手に裏でやられるよりは同じことをやっていても、見てる中で全てやってくれたほうがいいのだ。

いちばん大事なのは自分の金銭含め、しっかりと子供の金銭管理を行うこと。これが第一だと思う。

正直、ネット環境がない中で育ったら、今の時代確実に差がつく。情報に弱くなる。自分の力で情報を得れない。正しい選択ができなくなる。

フィルタリングなんかも不要。高校生になったら正しい情報くらい自分で取らせる。

汚い言葉を送信したら親に通知が行くシステムなんかも開発されたらしいが、意味などない。

親に見られて恥ずかしくないようなスマートフォンの中身だって、トークの削除なんかでも容易にできる。

結局は親の育て方なのだ。自分は今、クラスなんかを見ても他の人よりも自立している自信はある。全て自分で決めてきたから。情報をトルトラ内も全て自分で選択してきた。

失敗だってあったし迷惑をかけたこともあった。

でもコミュニュケーションや躾もまともにできない親はどうあがいたって子供は自分の思い通りにはなってくれない。

だって子供にも自我があるから。

あなたは親の言うことを聞く従順な子供でしたか?隠したいことも隠れて行ったことも多いはずです。その隠れて行うことが変わっただけ。

子供の行動はやはり、育て方により変わってくる。

犯罪級のことをしでかす可能性もあるので見守る必要も多くあるが、子供との適切な距離を掴んで行くことが一番のポイントであると子供の立場から僕は思う。

今回は中学時代の痴態をまとめたが、拙い文章だったと思う。読んでくれた方、ありがとうございます。

うまくまとまってない部分もあると思うが大目に見てほしい。大体の流れとまとめが伝わってくれれば十分で、もし質問やアドバイスが欲しかったりするときは声をかけてくれたら柔軟に対応したい。